湘南電車の軌跡

Date : 2012年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異車種併結試運転

11月23日に、田町車両センター所属のE233系NT12編成と、国府津車両センター所属のE231系S-12編成を使用した異車種併結試運転が、品川~国府津間(品鶴・貨物線経由)で実施されました。
11月19・21日に行われたものと同様の試運転ですが、休日ダイヤの23日は約2時間早い時刻で運転されました。

001_20121123151050.jpg
上りの試9892MはE231系が先頭。
異車種とはいえお互い似ている部分が多く、通常の編成写真では違いが分かり辛いのが難点。

002_20121123151049.jpg
連結部。
スポンサーサイト

大師線に新1000形2次車

11月15日の89運用は、1500形の車両不具合のため金沢検車区所属の新1000形1413編成が代走しました。
新1000形2次車が大師線を走行するのは今回が初めての模様です。
001_20121115193420.jpg
1788列車
朝・夕方の混雑時間帯限定運用のため日中は川崎に留置され、17時台の1788列車から再び大師線内で営業運転を行います。

002_20121115193424.jpg
1789X列車

003_20121115194611.jpg
1788X列車

1469編成 本線試運転

久里浜工場に入場していた金沢検車区所属の新1000形1469編成が、11月8日に久里浜工場~金沢文庫間で試運転を行いました。
002_20121108170725.jpg
綺麗になって戻ってきた1469編成。5日の601編成に続き、今週2回目の文庫往復試運転となりました。

※前回の記事でお伝えした追浜第4踏切付近での制動試験についてですが、今回の試運転では実施されている事が確認できた為、改正で変更されたというのは間違いのようです。失礼致しました。

601編成 本線試運転

久里浜工場に入場していた車両管理区所属の600形601編成が、11月5日に久里浜工場~金沢文庫間で試運転を行いました。600形で唯一、更新工事を受けながらもドア上部の案内装置がLEDの編成でしたが、今回の入場で他編成と同じLCDタイプのものに変更された模様です。
001_20121105192816.jpg
KC1305列車
改正前KC7-KC22だった文庫往復試運転は今回の改正でKC5-KC4となり、時刻も大幅に変更されました。

002_20121105192816.jpg
KC1404列車
復路。追浜第4踏切付近での制動試験はダイヤ変更により無くなったようで、通常の営業列車と同様に80km/h前後の速度で通過しました。

5Dに1500形4+4連

11月1日の5D運用に、新町検車区所属の1500形1521編成+1525編成が充当されました。
001_20121101202517.jpg
601B増と665H増車を組み合わせて下る回762列車で実現した1500形の4+4連。その後解結や車両交換は行われずに5D運用に流れ、新逗子~羽田空港間をエアポート急行として数往復走行しました。(昼頃発生した人身事故の影響で一時は他編成に交換されたものの、夕方行われた車両交換で5D運用に再登板した模様。)

002_20121101202517.jpg
編成は浦賀方から1521・1525編成の順。
1521編成については大師線運用に就くことが多く、昼間に本線で営業運転する事も稀。

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。