湘南電車の軌跡

Date : 2013年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Shibuya Hikarie号」総合車両出場

2月下旬に東急電鉄から発表された「渋谷ヒカリエ」開業1周年記念の特別仕様車両「Shibuya Hikarie号」が完成し、3月26日より総合車両製作所-逗子-八王子経由で長津田まで甲種輸送されています。
002_20130326191616.jpg
特別仕様となったのは総合車両製作所で製造された東横線用の5050系4110F。金色にラッピングされた派手な外観は渋谷ヒカリエをイメージしたもので、内装は背もたれを高くした座席を設置するなど、通常の営業車両とは大きく変更されています。
今後は東横線内で試乗会を行い、1か月後の4月26日より定期営業列車として運転を開始する模様です。
スポンサーサイト

653編成 本線試運転

久里浜工場で更新工事を行なっていた金沢検車区所属の600形653編成が、3月13日に本線試運転を実施しました。他編成と同様にスリット入りワイパーカバーへの交換等が行われ、残る未更新車は654、655編成の2本のみとなりました。
005_20130313184343.jpg
KC1305:6531-

006_20130313184339.jpg
KC1404:6531-

三浦海岸方面への臨時特急運転

第31回三浦国際市民マラソン開催に伴い、今年も神奈川新町始発の下り臨時特急が2本運転されました。
003_20130303171935.jpg
3/3 690C:1001-
1本目の91Cは1001編成の三浦海岸行き。この臨時特急に2000形以外の形式が充当されたのは4年ぶりのこと。

004_20130303171933.jpg
3/3 792C:1089-
2本目の93Cは1089編成の三崎口行き。ダイヤ上では780HX(堀ノ内→三崎口)の運転区間が延長されたもので、本来780HXの前列車に当たる781Hは堀ノ内到着後久里浜工場に臨時入庫しています。

その他、例年通り一部2扉車運用の3扉車代走や、京急久里浜行きの延長運転(→三崎口行き)が行われました。

千葉NT9201編成 営業運転開始

3月1日より、千葉ニュータウン9200形9201編成が営業運転を開始しました。
730N列車(印旛日本医大発特急西馬込行き)が初営業となり、その後1030N列車では定期区間最遠となる京急空港線への入線も果たしました。
003_20130302191407.jpg
3/2 1527N:9201
種別・行先表示は北総車に合わせられ、快特の場合は「快速特急」とはならず「快特」を表示します。

今回の9201編成の営業運転開始により、前日の2月28日をもって9000形9008編成が営業運転を離脱。現在は印旛車両基地内に留置されている模様です。

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。